まもなく発売の「バイオハザード7」が怖い!いままでになくホラーです。

テレビでもCMが流れていますが、バイオハザードのゲーム新作がいよいよ2017年1月26日に発売されます。

バイオハザードシリーズは1作目からプレイしていますが、体験版やCMで見る「7」は前作までとかなり雰囲気が違います。
いっしょにCM見てた知人に「こんなゲームだったっけ?」て聞かれて「違います」と言いきるくらい。

何が違うって、
ちょっとプレイをためらうくらい怖い!!

 

[ad#ad-300]

映像がホラー

公式ページもTOPページからして気味が悪いし、紹介動画もアクションよりもホラーが前面に出ています。

現在TVで流れてるCMはたぶんこちら。

ほとんどがムービーシーンで、これだけ見てるとホラー映画の予告のようです。

実際のゲームがどんな感じかわかるのがこちらの動画。

「7」は主観視点なので、この動画の室内移動のところみたいな視点でのプレイになります。
主観視点というだけで怖いのに、視界が狭くて暗くてさらに怖い!
これ、なにもなくても背後が気になって勝手に怖くなるパターンじゃないの……

 

PS4をお持ちなら公式ページで体験版がダウンロードできるので、気になる方はやってみるといいと思います。
私は自分ではやってなくてプレイ動画を見ただけですが、初回は見るのやめようかと思うくらい怖かったです。
2回目以降は多少なれましたけど。

 

発表当初から開発者インタビューなどで“ホラーの追求がコンセプト”と言われていただけあって、本編もそうとう力の入った恐怖の演出が予想されます。

 

当然、サウンドもホラー

CMで流れているメインテーマも、ホラー映画で使われてそうな曲です。
イーカプコン限定版セットグッズのサントラCD紹介動画 で、メインテーマの日本語歌詞版「産んで闡いて」の一部が聴けます。

英語と日本語は歌詞の内容が違っていますが、歌詞がどうこうじゃなくて歌い方がもう怖い!
英語歌詞の「dead」のとこが、日本語歌詞の「結んで」の「で」とかぶってて、それもなんか怖いっていう……

プレイヤーキャラクターが一般市民という不安感

前作「6」までのプレイヤーキャラクター(=ゲーム開始時にプレイヤーが操作する人物)は、警察官だったり特殊部隊員だったりで戦闘技術がありましたが、今回はなにやら様子が違います。

公開されている動画を見る限り、プレイヤーキャラクターはごく普通の男性のようです。
過去作で登場した戦い慣れたキャラクターではありません。

つまりは、襲われたときの対抗手段が少ないということですね?
やだ怖い!

あと、プレイヤー視点で考えても、一般市民を操作してサバイバルする体力とか攻撃力とか、どのくらいの武器が使えるのかとかすごい不安!
元軍人とか元特殊部隊とかだったら多少安心できるんですけどね。

これまでプレイしたバイオシリーズではレベッカ(特殊部隊だけど後方警戒が担当で体力がない)が最弱だと思ってますが、「7」で私の中の最弱が更新されそうな予感……。

とにかく楽しみです!

バイオハザードは、新作やるために新しいゲーム機を買うくらい好きなゲームです。
シリーズ全部はプレイしていませんが、ナンバリングがあるものだけは欠かさずプレイしてきました。

そのバイオハザードシリーズの最新作がいよいよ発売ということで、もちろんソフトは予約済です!

じつはPS4本体の方をまだ買ってないんですけどね……

怖い怖いと言いつつも、すごく楽しみにしています!!

PS4用ソフト「バイオハザード7 レジデント イービル」の詳細

BIOHAZARD 7 resident evil
(バイオハザード7 レジデント イービル)
対応ハード PlayStation®4(PlayStation®VR対応/HDR対応、PlayStation®4 Pro 4K/HDR対応)、Xbox One(Xbox One S HDR対応)、
PC(STEAM/Windows 10 UWP)
発売日 2017年1月26日(木)予定
プレイ人数 1人
ジャンル サバイバルホラー
CERO CEROレーティング:D(17才以上対象)

暴力表現がより激しい「グロテスクVer.」もあります。
そちらはCEROレーティングがZ(18才以上のみ対象)です。
パッケージ版はイーカプコンだと特典付きの限定版が購入できます。
イーカプコン 「バイオハザード7 レジデント イービル」ページ

ダウンロード版はPlayStation®Storeで購入できます。
PlayStation®Store 「バイオハザード7 レジデント イービル」ページ

 

[ad#ad-336]


▼ 「nina」の作家名でハンドメイド作品の販売しています。 sakuhin_banner02



ページ上部へ戻る