ドライヤーが壊れた!新しく購入するときに、これだけは外せないポイント3点。

なんの前触れもなく、ドライヤーが壊れました。
使用中に変な音がして、焦げ臭いなーと思ったらそのまま停止。
時間をおいてスイッチを入れ直してみても動かず。

10年近く使ってたから寿命だったんですかね……。

[ad#ad-336]

 

仕事帰りに電気屋で新しいドライヤーを買って帰るべく、ドライヤー選びのポイントをネットで調べました。
何を重視するかで選ぶポイントもいろいろあるようです。
たとえば、どうしてもマイナスイオンが出るのがいい!とか。
私が、これだけは外せないと思ったポイントは以下の3点。

 

◎風量:1.3㎥/分以上
これより風量の数値が小さいと、乾くのに時間がかかるそうなので。
風の温度にもよりますが、1.6㎥/分くらいが早く乾くし扱いやすいそうです。

 

◎ 消費電力:1200w
美容院仕様のものだと1500wとかがありますが、家庭で1200w以上はブレーカーが落ちやすくなるので注意が必要。
電子レンジの消費電力が1300wくらいなので、1500wはそうとう高いですよね。

 

◎ 重さ:500g以下
私は髪を乾かすときに風を上から当てる派なので、ドライヤーは頭より高い位置まで持ち上げます。
今まで使っていたやつはけっこう重量があって腕が疲れたので、新しいのは負担の少ない軽いのがいいなと。

 

以上の条件に合うやつで、4,000円以下で、デザインも気にいるのがあればいいな、と思いながら電気屋へ行きました。

売り場にある製品をチェックして、条件に合った製品を絞り込み。
実際にスイッチを動かしたり持ち上げてみたりして、使い心地を確認。
さらに、価格の安さ、デザインの順に絞り込んで選びました。

そんなこんなで購入したのは、某国内メーカー販売のドライヤー。
・風量:1.6㎥/分
・消費電力:1200w
・重さ:475g
・サイズ小さめの折り畳み式
・お値段3,400円ちょっと
もろもろの条件、すべて希望どおりです!

[ad#ad-336]

 

新しいドライヤーを使い始めて数日経ちますが、調子いいです。
今回チェックしたポイントは正しかったなって実感しています。

腕が疲れないっていいですね!


▼ 「nina」の作家名でハンドメイド作品の販売しています。 sakuhin_banner02



関連記事

ページ上部へ戻る